脂肪吸引に掛かる費用を調査「気になる安全性はどうなってるの」

ダウンタイムの過ごし方

カウンセリング

脂肪吸引を行なえるパーツには顔を始め、二の腕、太もも、お腹、背中、お尻があります。どのパーツにも腫れが生じるので、最初の内は効果を実感できないかもしれません。また、脂肪を取り除いたからといって、すぐ体重に変化が現れるわけでもないのです。費用の支払いを済ませた後は定期的に通って状態を観察するので、その間で徐々に嬉しい変化に気づけるでしょう。顔の場合、脂肪細胞ごと脂肪を取り除かれることによって肌の引き締め効果も期待できます。費用を掛けてでも手に入れたかった効果を実感できるときになるでしょう。
しかしダウンタイムは慎重に過ごさなくてはいけません。特に重要なのが圧着ベルト。お腹や背中など広範囲のパーツだと、約1ヶ月間の装着を余儀なくされます。
脂肪吸引の費用の中にはこうした圧着ベルトも含まれている為、一定期間が経てば破棄しても問題ありません。しかし、装着を止めるタイミングはドクターの判断の元に行ないましょう。術後は腫れとむくみによっていつもと違う見た目に戸惑いますが、そんなダウンタイムをどう乗り切るかあらかじめ計画しておくと便利。顔ならマスクで隠すのもいいですね。脂肪吸引後は、どうしても疲れが生じる旅行なども避けた方が良策です。
基本的に、ダウンタイムの最初の2~3日はシャワーできないと踏まえておきましょう。その期間が過ぎるとシャワーは可能なものの、入浴は許されません。いろいろと制限が掛かりますが、費用を掛けた分だけ、そしてダウンタイムを慎重に過ごすことで確かな結果は現れます。脂肪吸引で生まれ変わることは可能なのです。

Back to Top